費用について

建築中

バリアフリーにしたり、介護しやすい状態にリフォームすることはメリットが高いです。しかし、費用がかかります。費用のことがネックになって迷っているのなら、補助金や減税について調べてみるとよいです。

介護リフォームをするときには、補助金の適用や減税の適用について期待することができます。対象となるリフォームについて事前に調べてみるとよいです。補助金や減税を期待するのなら、申告の方法などについても事前に確認しておくとよいです。

安心して暮らすために

駅の構内

安心して暮らすことができる住宅にするために、介護リフォームやバリアフリーは内容をよく検討することが必要です。予算の問題はありますが、工事の種類によっては補助金や減税などの優遇措置を受けることができます。補助金など受け取れるものは受け取って、必要のあるリフォームは確実に行っておくとよいです。

介護リフォームを済ませておくことで、介護される方はもちろん、家族みんなが快適に安心して暮らすことができる住宅にすることができます。

バリアフリー住宅

台所

バリアフリーにするには、段差をなくすことが必要です。床の段差はもちろん、玄関の段差や道路と敷地の段差など、様々な段差について検討しておくとよいです。

快適に暮らすためには、トイレのリフォームも重要です。トイレや浴室などは、様々な工夫ができますので現在の状態や将来のことを考慮して最適なものを選ぶとよいです。扉を引き戸に変え、握り棒タイプの取っ手にすることで家族全員にとって使いやすくすることができます。

介護のためのリフォーム

老夫婦

介護リフォームをするときには、バリアフリーを意識した住宅リフォームが必要となります。床の段差を解消したり、手すりを設置したりするだけでなく、他にも介護に役立つリフォームはあります。

介護する側もされる側も快適に暮らすことができる住宅にするためには、トータルで快適に暮らせる住宅を目指すとよいです。予算のことは気になりますが、補助金を受けたり、減税の措置を受けたりすることもできますので、検討してみるとよいです。

補助制度

点字

介護リフォームを行う場合、高齢者住宅改修費用助成制度により補助を受けることができます。要介護者または要支援者がバリアフリー工事を実施する際、介護保険によりその費用の9割が支給される補助があります。支給対象となるリフォーム工事の種類としては、玄関、浴室、便所等の転倒予防、もしくは移動のための手すりなどがあります。

また、段差の解消、滑り防止、引き戸等への扉の交換、洋式便所等への便器の交換なども対象となっています。